2010年03月12日

ハイチ地震 PKO防衛省技官、国連事務所を耐震診断(毎日新聞)

 ハイチ復興支援の国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊に同行している防衛省の技官3人が12日、首都ポルトープランスの空港隣接地にある国連の事務所(鉄筋コンクリート平屋建て約570平方メートル)の耐震診断を行った。国連の要請によるもので、同省技官が海外の被災地で耐震診断を行うのは初めて。

【写真特集】ハイチPKO:陸自の重機積み、巨大輸送機出発

 防衛省によると、耐震診断したのは1級建築士の技官3人。建物の損傷具合を目視で確認しながら測定器で強度や傾斜などを測定した。今後約1カ月かけて復興支援を主導する国連の宿泊所などを対象に耐震診断を行う。

【関連ニュース】
【写真特集】地震:カリブ海のハイチでM7.0
<記者の目>13日間の命とハイチ大地震=梅村直承
<ことば>ハイチってどんな国?
<ハイチの国旗>世界の旗:北米・中米

不法残留、10万人割る=法務省(時事通信)
シー・シェパード船長、海保が逮捕の方針(産経新聞)
<名古屋食肉公社>債務12億円、銀行が免除へ 市が表明(毎日新聞)
献金事件、検察審査会議決なら裁判応じると首相(読売新聞)
日比谷線事故から10年、慰霊碑に献花(読売新聞)
posted by タケダ マサハル at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。